一般的に
数字のマグネット

昨今、小学校受験は特別なものではなくなってきました。
家庭の教育方針に合った学校で学ばせたいという親の思いから、小学校受験を考える人が多いようです。
小学校受験は、親子面接が一般的で、受験時の服装は紺色のスーツやワンピースが定番です。
国立小学校では、通学範囲が限定されていることがありますので、事前に確認が必要です。
人気小学校の競争倍率は、私立で約10倍、国立ですと60倍以上と、かなり狭き門となっています。
試験内容は学校によりますが、まず家庭でのしつけがしっかりできているかが問われます。
その他、ペーパーテストや基本的な運動能力を問わせるものもあります。
大半の国立小学校では、抽選があります。
受験対策には幼児教室を利用する人が多く、通い始める時期は幼稚園の年中の11月頃からが有効とされています。
幼児教室の月謝は週1回コースで概ね3万~6万円です。
更に、いくつかの教室を掛け持ちするケースもあるようで、万全な対策をする場合の費用は100万~200万円と言われています。
幼児教室は、大手と小規模の教室に分かれます。
情報量、ノウハウや先生の力量がポイントとなる他、カリキュラムや合格実績も判断基準です。
その他、子供と先生の相性が重要となりますので、いくつかの教室を候補にして、体験入学して決めることも多いです。

オススメリンク

桜の下の小学生2人

教室の内容は様々

地域的に差はあるかもしれませんが、小学校から受験を考える保護者の方が増えています。少子化ということもあり、一人 […]Read more
カタカナの練習

親の努力が大切

5歳までの子供に小学校受験を目的とした幼児教室への通学をさせる場合には、いくつか工夫しておきたいポイントが有り […]Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031