家をきれいにするために必要なハウスクリーニングや特殊清掃業者

中高生

自分でやるコツ

水周りのハウスクリーニングのコツ

ハウスクリーニングは誰しも一度は面倒だと思う作業ではないでしょうか。 日常的に掃除をすれば良いのですが、多忙で心の余裕が持てないのもまた事実…。 ここでは掃除が好きになるコツではなく、ハウスクリーニングを円滑にするコツを紹介しましょう。 まず、ハウスクリーニングの中でもお風呂など水回りの掃除は特に厄介で、一日でも掃除を怠ると 湯船などに湯垢が付着してしまいます。そのため優先的に掃除するようにしましょう。 面倒ではありますが、湯垢は毎日掃除しておくのがベストです。 余裕があればバスマジックリンを使って残った湯垢を落としておきましょう。 バスマジックリンは1週間に一回の頻度で構いません。 台所も同様に、1週間に一度は油汚れクリーナーなどを使って汚れを取り除きましょう。

ダイニング・書斎のハウスクリーニングのコツ

水回りの掃除が終了したら、次はダイニング、そして寝室のハウスクリーニングです。 予めダイソーなどの100円ショップで小物入れを買っておき、なるべく部屋に散らかさないように心がけます。 何色でも構いませんが、なるべくシンプルな色の商品を買っておくと見栄えがスッキリします。 コツは普段から必要なものを、必要なだけ買うことです。 衝動買いしないように、家計簿などを参考にどこにお金をかけるかを検討しておくと良いでしょう。 お気に入りの雑誌、書類などはファイルやバインダーを買って、書斎など保存する場所を決めておきます。 時には思い切って処分することも大切です。愛着のある物と別れるのはとても辛いですが、物としての役目を終えたと思って、一言感謝の言葉を述べてから捨てると気持ちがスッキリします。 計画的にハウスクリーニングを心がけることで、心にゆとりが生まれるでしょう。