家をきれいにするために必要なハウスクリーニングや特殊清掃業者

中高生

仕事内容

特殊清掃とはどのような仕事なのか

清掃を専門に行う「清掃業」の中でも、事故や事件、自殺などの現場を清掃することを「特殊清掃」と言います。通常の掃除方法では落とすことの出来ない死臭や汚れなどを、特殊な薬品や清掃方法で取り除くのが主な仕事です。また、特殊清掃は清掃に加えて、消毒や害虫駆除、そして亡くなった人の供養やお祓い、そしてリフォームを行い、部屋を元通りの状態にします。特殊清掃が入る現場は、一人暮らしの人の家や部屋が多く、病気や事故による孤独死、あるいは自殺によって遺体が長期間放置されていたところがほとんどです。遺体は速やかに取り除かれるものの、死臭や汚れなどは残ったままとなるため、これらを取り除くために特殊清掃の人々が活躍するのです。

特殊清掃に携わる人々の苦労とは

特殊清掃は、通常の清掃とは大きく異なる、非常に過酷で辛いものです。特殊清掃に携わる人々は、警察によって遺体が運びだされた後の家や部屋などを清掃し、元の状態に戻す役割を担っています。しかし、人間が孤独死した現場は想像以上に過酷で、強烈な腐敗臭と大量に発生するウジやハエが特殊清掃員を襲います。また、人間の身体は夏であればわずか1日、冬でも1週間から3週間で腐敗が始まり、遺体から溶け出した水と油が混ざった独特の液体によって、床などが汚染されます。そのため、特殊清掃員は臭いだけでなく腐敗した遺体から出る汚れも同時に取り除かなければなりません。特殊清掃員は、この強烈な腐敗臭を数週間かけて取り除き、その上で汚れた床や壁などを清掃し、部屋を元の状態に戻すのです。